輝 Brush

元歯科衛生士いよが考えてきたこと、感じたことまとめ

結局、相手にどう届いたかが重要

久しぶりにバーーーァ!!と書き残しておきたいものが出てきたので書きなぐる。

もう仕事を7つも変えてたら、いろんな世界と人との出逢いにあふれる。その度に「この人にはどう対応したらいいもんか…」と悩むことも多々。また、ありがたいことに同じ数ほど「こうしたらいいよ」と先輩方からアドバイスも頂く。ちなみに働いてすぐにぶち当たった壁は「いよちゃんって生意気だよね!」と言われたことです。。

「なぜか上司や先輩にひどい態度をとられる」という悩みを抱えてる人に、少しでも解決の風穴を開けられたらいいなぁ…と、お節介ババァを発揮してみます。笑


結論はタイトルの通り。
自分の言動が「相手にどう届いたか」。これが重要。
悩みを持った人に多いのが、「主観でしか見てない」パターン。例えて言えば、「私はこんなにしてるのに、上司(先輩)が無視する!対応が冷たい!」というもの。過去のわたしもそうだった!痛


それで、することは…【自分と他人のギャップに気付く!】
これに気付くには3つのことをしてほしいなぁ。

1.自分が思う「思わず教えたくなる、見守りたくなる後輩」ってどんな人??を書き出すかイメージする。

2.1の質問を(だいたい中堅あたりの)社会人に聞いてみる。

まずは2つ。これをするだけでも面白い発見があるはず。ちなみに2の時は態度はもちろん、顔の表情や声など細かいところも聞いてみて!

そして、最後3つめは「1.2で出てきた人物像と比べて、どれだけ出来てる??」を考える。
実際にやるとなると「媚びてる感じがイヤ」って思うかもしれないけど、やってみるとすごく得した気持ちになるんよ。

私も最近まで、仕事中の座ってる時に上司から話しかけられても、ずっと座ったままやって。でも、飲み会でご一緒した方が

「立ち上がって聞いた方がいいよ!」

って言われてね。『確かに社員さんはよく立ってるけど、あたし派遣やしなぁ、何の媚び?笑…』と思ったけど、実際にやってみたら、ちょっと気持ちが違うよね。目に見えて変わる感じじゃないけど、ちょっと相手の自分への信頼がほんのちょっと上がる感じ。もっと言えば『あれ?あたし出来るやつに見えない…?!』って。笑

話を聞く態度で言えば、もう一つ。当たり前なことだけど、「話を聞いてる時は、手を止めて聞く」。これ。初めに書いた「いよちゃんって生意気だよね」って言われた原因はこれでした!(他にもまだあったけど…笑)
確かに自分がされても、いやだし、後輩なら教える気が失せるしね。。ホント教えてくれた先輩には感謝!

もっと言えば、声も大事。案外自分の声って低いし、ご機嫌ななめな声なのよねー。笑
"ノーマーク良品"(笑)で働いてた時、電話研修で痛感したの。これ以来、仕事関係で接する人には気をつけるようにしてる。

まだまだ書きたいことはあるけど、要は「先輩から見て教えたくない人になってないか」ってことかな。媚びも嫌だろうけど、演じてみるのも一つ。

ちょっとしたことの行動なしで、先輩から指導をもらえないって、かなりもったいないし、行動したことで得られた経験や発見もないしな〜。

もちろん、心身ともにしんどいとか、それで正常な判断が出来ない場合は仕事を頑張ってる場合じゃないよ?逃げろ。身体も心も健康第一。

「もうちょっと頑張れるかな??」ってくらいのレベルでお試しを。

さ、長く喋りすぎた!終わろ!!

「皆さんの思う、素敵な後輩のイメージとご自身は似てますか?似てませんか?イメージに近寄れそうですか??」
私も常にイメージしながら、仕事に挑みます。